アフタヌーンティーはイギリスの喫茶習慣

アフタヌーンティーは、紅茶のほかに、キューカンバーサンドイッチ(キュウリのサンドイッチ)などのサンドイッチ、スコーン、ケーキ類といった、軽食や菓子が供される。

ドアーズ(インド)

ドアーズはインド北東部、アッサムの西にある地域の名称でそこで収穫される紅茶も『ドアーズ』と呼んでいます。

ダージリンよりも濃い赤みを帯びたドアーズ紅茶は、見た目ほど渋みが少なく、コクがあり比較的飲みやすい紅茶。

アッサム紅茶に近い感じの味わいです。

ドアーズ紅茶は主にティーバック用やブレンド用などに使用されます。

ドアーズ産の紅茶は、概ねダージリンに比べ水色、味わい共に濃く、渋みはなく、口当たりが良く、コクのある味わいです。
posted by toshi at 07:34 | 産地別の紅茶の種類 インド

アフタヌーンティーはイギリスの喫茶習慣

アフタヌーンティーは、紅茶のほかに、キューカンバーサンドイッチ(キュウリのサンドイッチ)などのサンドイッチ、スコーン、ケーキ類といった、軽食や菓子が供される。

ニルギリ(インド)

ニルギリはインド西南部にある地域のことで現地の言葉で『青い山』という意味です。

そのためそこで収穫される紅茶『ニルギリ』は『紅茶のブルーマウンテン』とも呼ばれています。

イギリス入植者によって1853年に初めて茶園ができますが、同時にコーヒーの大産地でもあります。

多くのスパイスが自生する原生林を切り拓いてできた茶園は、鉱物の含有量が多いといわれてます

また、色が濃く出るので煮出した紅茶=チャイにも使われており、現在ではインドで消費されるチャイ用に、特殊な加工を施した CTC紅茶(粒状)が主流を占めているそうです。

posted by toshi at 07:25 | 産地別の紅茶の種類 インド

アフタヌーンティーはイギリスの喫茶習慣

アフタヌーンティーは、紅茶のほかに、キューカンバーサンドイッチ(キュウリのサンドイッチ)などのサンドイッチ、スコーン、ケーキ類といった、軽食や菓子が供される。

アッサム (インド)

アッサム紅茶は、インドのアッサム地方にあり、一世紀半前、インドをイギリス領にしていたイギリス人によって発見された自生のお茶の木(アッサム種)から作られるものです。 

19世紀のアッサム種茶樹の発見に端を発し、現在ではインド紅茶生産量の半分を占めるとも言われる、まさにインド紅茶の「代表格」。

産地はブラマプトラ谷とスルマ谷に分かれ、広大な大地に栽培されている。

収穫は年間を通じ、一番茶から五番茶まで摘む。一番茶のファースト・フラッシュは三月から四月にかけて摘み、刺激的な香りを持っている。


味は濃厚で強い渋味を持つ。水色は黒味がかった深い赤色で、ミルクティーに適する。



posted by toshi at 08:21 | 産地別の紅茶の種類 インド

アフタヌーンティーはイギリスの喫茶習慣

アフタヌーンティーは、紅茶のほかに、キューカンバーサンドイッチ(キュウリのサンドイッチ)などのサンドイッチ、スコーン、ケーキ類といった、軽食や菓子が供される。

シッキム (インド)

シッキム紅茶は、ある意味、幻の紅茶です。 シッキム紅茶は、インドのダージリンよりもさらに北側、中国寄りのインド・シッキム州で生産されています。

シッキムにおける紅茶の製造は、インドへの帰属とほぼ時期を同じくして研究され始めました。

その結果、地形や気候などが紅茶の樹の生育に適した環境であることが判明したことから、州が450エーカーの土地を買い取り、現在のテミ茶園が作られたそうです。

シッキムでの紅茶の製造は、現在もここテミ茶園のみで行われています。

シッキム州には、テミ茶園しかないので、シッキム紅茶と言えば、おのずと、このテミ茶園のことになります。
posted by toshi at 08:16 | 産地別の紅茶の種類 インド

アフタヌーンティーはイギリスの喫茶習慣

アフタヌーンティーは、紅茶のほかに、キューカンバーサンドイッチ(キュウリのサンドイッチ)などのサンドイッチ、スコーン、ケーキ類といった、軽食や菓子が供される。

ダージリン(インド)

インド北東部の高地で栽培。
深いこくと味わいのあるストロングな紅茶。
「紅茶のシャンパン」とも称されます。

世界で3番目の高山“カンチェンジュンガ”の麓に位置するこの町には「78」のエステートが存在します。

同じダージリンに属しながらも、標高や気候や作り手が異なる78の茶園から生み出される「個性的」な紅茶。

そして季節毎に移り変わっていく水色・香・味。まさに芸術!これこそがダージリンの魅力かもしれません。
posted by toshi at 09:42 | 産地別の紅茶の種類 インド

アフタヌーンティーはイギリスの喫茶習慣

アフタヌーンティーは、紅茶のほかに、キューカンバーサンドイッチ(キュウリのサンドイッチ)などのサンドイッチ、スコーン、ケーキ類といった、軽食や菓子が供される。

アッサムティー( インド)

19 世紀初頭にアッサム州で発見されたインドの産の茶葉で、深い味わいがミルクとよく合います。

世界最大の紅茶生産地アッサム。

インド全体で収穫される紅茶の半分以上を生産量とするアッサム。

灼熱の大地で生産される紅茶は、とても力強く、そして濃厚。ミルクティー好きには外せない産地かもしれません。

シェイドツリーと呼ばれる背の高い日除けのための樹が枝を広げて茶園を覆い、独特の茶園風景が広がります。国内消費に向けたCTC製法が中心となり、リーフティーは年々急速に減少しつつあるアッサム。
posted by toshi at 09:15 | 産地別の紅茶の種類 インド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。